0と0

0ばっかりの週でした。

 

まずは映画「永遠の0」みました。

 

永遠の0

 

 

小説読んでからの映画はいいことない!

 

 

と思いましたが、やっぱり号泣。

 

 

日本男児っぽさがなくなりつつある現代のメンズが演じるのは気にいらねぇ!!

 

 

と思いましたが号泣。

 

 

(KA-TUNの子は、もう歩き方がKA-TUNで肩で風切っちゃって仕方なかったですがwwww)

 

 

どっちが先でもいいと思いますが、

 

 

だいぶはしょられてますので映画見ても小説は読むべき。

 

 

最近意外とワイルド感も出てきて、三浦春馬にはまりだした方もいるかと思いますが、彼目当てでもいいから見てほしいです。

 

 

戦争を知らなくても、素直に自分に置き換えて考えられる

 

 

ストレートな素晴らしい反戦映画です。

 

 

 

 

もう一つの0。

ホリエモン

 

 

 

ホリエモンは興味ねぇ。

 

 

と思ってましたが、

 

 

面白かったし、

 

 

ホリエモンが好きになったよね。

 

 

 

まさに彼を拝金主義という目で見てる輩の1人でしたが、

 

 

彼の血の通った言葉を読んで、

 

 

この人も人の子だな。。。と。

 

 

仮にものすごい計算でイメージアップをはかってるとしたら、

 

 

私はまんまとやられてますが。。。

 

 

それくらい好きになったね。

 

 

目の前で彼がこの本の内容を語ったら、

 

 

抱きしめてあげちゃうし、

 

 

恋心芽生えてるところだったねww

 

 

他の本も読みたくなったな。